竹塩「三宝真竹塩」


三宝真竹塩「一回焼食塩」

850℃で8時間、黄土釜で焼いた還元力に優れ、とても美味しい食塩です。

味は円やかで「塩」特有の刺激感がなく、とても美味しい!肉や魚の下拵えに使用すると、日持ちが良い。

製造方法

高圧釜で1500℃の高温で焼き尽くした究極の健康竹塩。還元力に優れた美味しい焼き塩です。

味は円やかで「塩」特有の刺激感がなく、とても美味しい!肉や魚の下拵えに使用すると、日持ちが良い。

機能と特徴

一般塩の酸化還元電位が約+450mv前後であるのに比べ、-109mvの酸化還元力を証明!還元力とは劣化した物質を元のきれいな状態に戻す力のことを言います。

商品規格
  • 180g専用容器入り 2本セット 説明書付き
  • 定価 860円(税込・送料別)

三宝真竹塩「三回焼窯炉塩」

製造方法

天日塩に浄化した黄土水を振りかけ、3年育成の青竹に入れ、黄土の窯で850℃ 8時間燃焼する。焼きあがった竹塩を砂目状に加工し、完成。

機能と特徴

一般塩の酸化還元電位が約+450mv前後であるのに比べ、-250mvの強い酸化還元力を証明!還元力とは劣化した物質を元のきれいな状態に戻す力のことを言います。塩分の摂取を気にされている方に!歯茎が腫れたときのお手入れに!

商品規格
  • 180g専用容器入り 2本セット 説明書付き
  • 定価 3,240円 2本で(税込・送料別)

三宝真竹塩「竹塩梅干し」

奈良県産の「梅」と和歌山県産の「シソ」を竹塩だけで漬け込んだ昔ながらの美味しい健康志向の梅干しです。
朝一番のお茶に梅干しがおすすめです。


竹塩梅干しパッケージ

竹塩梅干しパッケージ

竹塩梅干し商品

竹塩梅干し商品


商品規格
  • 名称:梅干し
  • 原材料名:梅、つけ原材料(しそ、竹塩)
  • 原材料産地名:梅(奈良県)、しそ(和歌山県)
  • 内容量:150g
  • 塩分:約18%
  • 販売単位:3袋セットで販売
  • 価格:お問い合わせください


 
 

薬用真竹石鹸 (医薬部外品)

化粧カブレなどで普通の石鹸が合わない!
洗顔、入浴後にカユミやツッパリ感が残る!こんな方に、
適量の「真竹塩」と天然成分だけを
配合した、「薬用真竹石鹸」をお勧めします

韓方の本場韓国で千年以上の歴史がある韓方製法による焼き塩です。天日塩を青竹に入れ黄土の窯で松の木だけの燃料で8時間、800度で燃焼させます。これを再び青竹に入れ、この作業を延々と8回繰り返し、9回目最後の工程では1,500度以上の高温で燃焼させます。竹塩は液状になり、溶け出して冷えて美しい「紫竹塩」になります。今日の韓国では、非常に高価な万能薬として珍重され、成人病の人々や皮膚障害の人達が愛用しており、日本でも研究者・医学者たちにより、体液や血液の酸化を防止する、酸化還元電位マイナス515mvのすばらしい食品として知られるようになりました。
本品は、石鹸素地に最高級のマレーシア産ヤシ油を使用、これにお肌に良いとされる天然の植物成分や保湿成分、さらに適量の「紫竹塩」を配合し、丹念に練り上げ、完成した石鹸生地を30日間熟成させた上で製造しています。
本品は医薬部外品ですので、お肌の清浄・殺菌・消毒・体臭・にきびを防ぎます。

薬用真竹石鹸

竹塩や漢方の素材と天然の保湿剤をタップリと配合した、お肌の弱い人のための薬用石鹸です。

 

こんな方にお勧めします!

  • 肌荒れなどで普通の石鹸はあわない!
  • 肌が弱く、入浴後カサカサ感が残る!
  • 普通の石鹸やシャンプーを使うとフケが多くでる!
  • 赤ちゃんのオムツかぶれで使える石鹸がない!
  • ニキビや化粧かぶれで普通の石鹸では刺激感がある!

 

商品規格
  • 115g 2個入りセット
  • 定価 3,675円(税込・送料別)→特別価格2,700円(税込・送料別)
薬用真竹石鹸の成分(医薬部外品)

石鹸用素地(82,1%)・グリチルリチン酸ジカリウム・海水乾燥物(2)(真竹塩の一部)・黄土(真竹塩の一部)・ニンジン末・アロエ葉末・トウキ末・カワラヨモギエキス・クマザサエキス(「真竹塩」の一部)・シソエキス(1)・スクワラン・ホホバ油・オリブ油・ラベンダーエキス・1,3ブチレングリコール・葉緑素(銅クロロフィリンナトリュウム)
※常水にて全量を100とする

 
 

のびのび

竹塩をベースに天然成分だけで作った入浴化粧品「のびのび」
 

韓国素肌美人の入浴習慣

竹塩をベースに天然成分だけで作った入浴化粧品です。ローズパウダー・ザクロ種子・アロエ葉末の3種類

ラベンダーの香りをお楽しみください

※合成香料・着色料などは使用しておりません。

 

商品規格
  • のびのびA 塩化Na アロエ粉末、ラベンダー油
    竹塩を主成分にアロエ葉末を配合しました。絶妙のハーモニーをご堪能ください。
  • のびのびB 塩化Na ザクロ種子パウダー、ラベンダー油
    竹塩とザクロ種子のパウダーを配合しました。ほのかなラベンダーの香をお楽しみください。
  • のびのびC 塩化Na ローズパウダー、ラベンダー油
    竹塩とお肌に優しいローズパウダーをバランス良く配合しました。

 
 

竹塩とは・・・

古くは「黄松竹」とも呼ばれていました。天日塩を青竹に詰め黄土の窯で8時間、850℃で焼き上げたお塩です。重油等を一切使わず、松木だけを燃料にして丁寧にかつ慎重に焼いた焼き塩です。韓国の食文化を支えてきた伝統食品といえます。

韓国竹塩の製造は、上記工程を1回から9回まで繰り返します。1回焼きは食用塩や高級キムチの用塩として、9回焼きは「紫竹塩」と称し、韓国では漢方の薬用として重宝されています。

紫竹塩は酸化還元電位がマイナス562mv、抗酸化物質として優れ、正にいのちの塩と言われています。”薬塩”がそのルーツといわれています。

かっては、塩を竹筒に入れ焼いた塩を、食あたりや止血剤・消毒に使っていました。竹塩はこの製法を研究・発展させたものです。弊社製品の「三宝真竹塩」は韓国全羅北道無形文化財23号のヒョサン僧によって製造方法が伝承され、現在でも同じ方法で製造しています。

天日塩に黄土水をかけ青竹の容器に詰め、黄土の窯で焼きます。

最終工程では、高圧の釜に入れ、温度を一気に1500度にします。塩は液状になり溶け出します。冷えて究極の竹塩「紫竹塩」の誕生です。

韓国数百年の歴史を持つ、伝統製造法の竹塩は三宝真竹塩がトップブランドです。竹塩・食用塩の代表格といってもいいでしょう。
それほど、匠の技で丁寧に、心を込めて、たっぷり時間をかけて製造されています。

竹塩へのこだわり

この頃、お塩にこだわりを持つ方が増えてきました。
なぜでしょう?

我が国の専売法が撤廃されてから、いろんなお塩、食用塩が出回ってきた直接的な環境と、健康への関心が一層高まってきたことではないでしょうか。

生命の維持に無くてはならないのは塩分適正な摂取ですが、今日では減塩・節塩が広く言われています。これは、一般の塩は鉄分をサビ付かせる代表的な食品だからです。

竹塩は、サビ付かせることがない、還元食品ですから、そのような必要はないのです。

本物の竹塩、伝統製法の「三宝真竹塩」は韓国竹塩のトップブランドです。

一般の「塩」と「竹塩」の違い

一般の「塩」には、精製塩や岩塩、化学合成塩などがありますが、それらの塩には海水に含まれている元素がすべて含まれています。

つまり、人間が食べてはならない、ヒ素 ・カドミウム・鉛・水銀・重金属類などが微量であっても含まれているのです。
これらの物質は、体内に取り込まれると排出するのは難しく、少しづつ蓄積することになります。

漢方の医術では、これらの物質を『塩毒』と定義し”炎は全てのものを浄化する”という仏教思想に基づき、高温で焼き尽くすことにより塩毒を除去する方法を考え出し ました。こうして塩毒が除去された竹塩は、韓国では漢方薬として使われるほど安全な塩となったのです

三宝真竹塩の歴史(開岩竹塩)

巌寺(ケアム寺)は634年百済時代に創建されたお寺です。(日本では聖徳太子の後、蘇我氏が勢力を伸ばしていた頃です。)
地元扶安地域では開巌寺(=開岩寺)は千年寺とも呼ばれています。

三宝真竹塩の歴史(開岩竹塩)巌寺(ケアム寺)

竹塩製造師ヒョウサン仏師

開岩寺には古くから伝承製造されていた、竹塩(チュギョム)がありました。1988年のソウルオリンピックの頃に、この竹塩の製造方法を開岩寺の住職(ヒョサン僧)から伝授された「竹塩」が広く知られるようになりました。



現在では太星食品が製造顧問にお迎えし、朝鮮王朝時代から伝わる伝統製法を守りながら、真心と長い時間をかけて丁寧に作られています。

竹塩・三宝真竹塩の使い方

食塩としての用途 : 一般のお塩と使い方は同じです。

  • 調味料として、まろやかな塩味をお楽しみください。マイルドな塩味は素材の良さを一段と引き立てます。
  • 野菜サラダは、「和の玄米オイル」と一緒に竹塩が相性抜群です。セロリ、大根、ブロッコリー、ニンジン等、野菜の鮮度を引き立てます。
  • 天麩羅、枝豆、ゆで卵、オニギリにたっぷりの竹塩でお楽しみください。
  • お漬物用として、浅漬等には竹塩がピッタリです。歯ごたえのある甘味の増したお漬物が出来ます。
  • お魚の下ごしらえに、竹塩が威力を発揮します。酸化を遅らせ効果が見られます。また、お魚のぬめり取りや除菌、鮮度保持にいいとされています。
  • もちろん、焼肉のお塩として、韓国風焼肉には欠かせない竹塩です。ステーキには「和の玄米オイル」を塗り、ミネラル豊富な竹塩で旨み味を引き出します。

健康塩としての使い方 : 毎朝の洗顔時とおいしい朝食の前に。

  • 韓国では歯磨き用に有効とされています。歯茎を引き締めしっかりガード、抗菌作用がありますので歯ブラシに適量付けて磨いてください。
  • また、うがい用にも重宝されています。韓国では歯医者さんの学会が竹塩の効能について評価し、歯医者さんで竹塩が使われているようです。
  • 毎朝、コップにスプーン1/3程度の竹塩を入れ、ぬるま湯で飲用として愛用している方が大勢いらっしゃいます。胃腸に優しく、身体を目覚めさす効果があります。
  • 入浴化粧品として、竹塩は贅沢な存在です。竹塩をベースに、数々の入浴剤が世に出ています。竹塩を油槽に一回40g程度を入れ入浴化粧品としてお使いいただけます。竹塩を入れることで塩素が除去され、また、温泉効果を引き出し温まります。是非、お試しください。

竹塩の性状、成分 : 一般のお塩との違い、特徴

  • 豊富なミネラル成分
  • 水分の吸収が少なく、容器内で固形化することがありません。サラサラ状が保持されます。
  • 身体を酸化から守る、還元食品です。酸化還元電位(ORP)の値で酸化度合いを測りますが、一般のお塩がプラスに対し、竹塩はORPがマイナスを示し、還元食品であることを証明しています。

 

愛用者からのメッセージ

千葉県船橋市在中 上野様 (50代女性)

知人から韓国の竹塩よ、と勧められて2~3年前から健康にいいお塩として料理で重宝しています。調味料としてだけではなく、竹塩の食塩水で洗ったお野菜は、シャキシャキして長持ちすることに気づき、「いのちの塩」と教えてもらったことを実感しました。

数千年の歴史のある、韓国では誰もが認めている貴重なお塩と改めてお聞きし、見直しているところです。

健康に良いだけでなく、主人が『自前ラーメンにはこれ、絶対』と、気に入っている美味しいお塩です。

東京都渋谷区在中 宮内様(60代男性)

数ヶ月前、東洋医学に見識のある先生から紹介されました。

通風気味で、健康には大変気をつけています。最近、ゴルフの水分補給時に「三宝真竹塩」を携帯しています。おかげで検査の数値も良好です。

私の奥方が冷え性ですので、お風呂にも入浴剤として竹塩をお使っていますが、温まり方が入浴剤以上なので、ポカポカ感が気にいっているようです。

うがいに竹塩を使うようになってから風邪もひきにくくなり、我が家になくてはならないものです。

神奈川県川崎市 稲嶺様(40代女性)

去年の秋ごろ、主人が韓国から買ってきた竹塩キムチを食べてビックリしたのがきっかけです。それまで食べていたキムチとは違い、味にまろやかさがありました。

その後、韓国の高級キムチに竹塩は欠かせないと聞きました。

今はキムチ作りにまで興味を持っています。今度、友人宅に竹塩を持参して作り方を習おうかと思っています。

体の中のサビを取る効果があるということで、キムチに使ってますます元気になりそうです。

三宝真竹塩は、安心の公正マーク表示です

公正で安心な竹塩の販売とお取扱いについて。

食用塩公正取引協議会は商品が正しい表示をしていることを審査し、合格した商品には公正マークが付けられます。公正マークは正しい表示をしていることを示すシンボルマークです。
 商品に公正マークをつけるためには協議会の商品表示の審査を受けなければなりません。消費者はこの適性表示のマークがあることを目印にしていただければ安心です。

製造方法表記について

 食用塩公正競争規約では製造方法を必ず書くことになりました。
製造方法には原材料の説明と工程の概要が工程順に書かれます。

三宝真竹塩の表記

製造方法 原材料名:天日塩(韓国)、竹
 工 程:焼成、粉砕
(天日塩を青竹に入れ、黄土の窯の中で850℃で8時間松の木を燃料にして焼きます)

2012年06月04日現在、食用塩公正取引協議会の公正マークが表示された食用塩は1225商品ありますがその中で天日塩(韓国)、竹の表示審査をパスしたのは「三宝真竹塩」だけです。
「三宝真竹塩」が「本物の竹塩」と称される由縁は、公正マーク表示もその理由のひとつです。

竹塩に関するQ&A

Q1 竹塩って、どんな商品なのですか?

「たけしお」と呼ばれています。韓国の伝統食文化を支える、韓国では大事にされているお塩です。
韓国西海岸の海水からとれた天日塩を竹筒に入れ、黄土の窯で松木だけを燃料にして高温(850度)で8時間焼いた、高級焼き塩のことです。

Q2 一般のお塩とどう違うのですか?

竹塩は抗酸化アルカリ食品(還元食品)である、ということに最大の特徴があります。
一般に健康状態とは、体内での「酸化力」と「還元力」とがバランスすること、と言われます。

いま、ストレスが作り出す酸化促進状態や酸性食品を多く食べる現代人の身体は酸化状態に偏っています。還元食品である竹塩等を日常的に利用することで、身体の酸化と還元のバランスを
保つことが健康保持の秘訣とされています。

Q3 使い方をおしえてください。

一般のお塩と同じように、調味料として使ってください。毎日の食卓に欠かせないお塩として料理の味を高めます。
調理用として、生野菜の洗浄に、魚介類のヌメリ取りと鮮度保持に最適です。

また、日常の生活に人気の使い方として、朝食前に竹塩水を飲む、歯磨き用に使う、リラックスタイムのお風呂用に入浴剤として使う、入浴時の身体のマッサージ用に、と本当に手広い使い方があります。竹塩が還元塩である証しです。

Q4 三宝真竹塩でなくても、類似商品がいろいろあるんでしょうか?

韓国には、竹塩メーカーが大手でも3社ございます。
三宝真竹塩の太星食品は、竹塩製造のトップメーカーです。

ブランド「三宝真竹塩」はLGやロッテ等の有名店に納入実績があり、昔ながらの伝統製法を改善して、品質向上に務めています。
製造匠の真心込めた一品です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ